交通事故に巻き込まれてしまった場合、時には大怪我になったり、後遺症が残ってしまうこともあります。
こうした場合は加害者から被害者に賠償が支払われることが一般的ですが、慰謝料を十分に確保できると安心して治療に専念することができます。
そして、この慰謝料についても、十分な金額を得ている人もあれば、中には金額に見合わない少ない金額しか払ってもらえないこともあり、不満を感じている人もあるのではないでしょうか。
慰謝料の基準としては、最も少ない金額としては自賠責保険基準で支払われることとなります。
さらに任意保険基準で支払われることもあり、この場合は自賠責保険よりは少し多くの金額を得ることができます。
そして、弁護士会基準ではより多くの金額が支払われることとなりますので、できればこの弁護士基準での支払いを目指したいところです。
後遺障害で十分な賠償を受けていない、金額に不満があるという場合は弁護士に相談することがおすすめです。
個人の方がこうした手続きを行うのは難しいものもありますが、交通事故に詳しい専門家が介入してくれれば安心して手続きを進めていくことができます。
交通事故賠償金算定センターのサイトでは賠償金無料診断も用意されていますので、まずはこちらで賠償金の目安を計算してみてはいかがでしょうか。