M&Aは素人が簡単にできるものではありません。
いかに買収しても水と油の関係になって合併する前のほうがいいなんて話は多々ありますし、多額のお金を使っているのに失敗したという話もあるそうです。
そこは信頼できる業者にお任せしたいところです。
そこでお勧めするのが、株式会社フロンティアグループです。
ここは昨今有名になっている敵対的TOBを日本で初めて成功させています。
ですから経験はトップクラスといえます。
また、案件の対象企業の業種、資産内容、経営陣の質や他の外部的要因をしっかりと見極めて、様々な観点からアドバイスを行ってくれます。
これによって、単に買収が成功するだけでなく、企業価値が最大化するという目的に向けて、整合性のあるアドバイスを的確に送れるというわけです。
M&Aは一度やってしまえば、やり直しがききにくいです。
ですから、ここのアドバイスに頼ってみることをお勧めします。
事業拡大における不動産部門にも自信があります。